水曜日, 12月 2
Shadow

問い合わせ

フリーランスのヘルプデスクの業務とは?

フリーランスのヘルプデスク業務は、IT関連の企業から業務委託を受けてカスタマーセンターやサポートセンターの窓口業務を代行する仕事がメインです。顧客に直接アドバイスすることなく窓口業務の担当者を間接的にサポートする場合もあります。ITに関する知識がなければパソコンや運営システムの問い合わせに対応することは困難でしょう。そのため企業は内部に専門家がいなければ外部の専門家に業務を委託することになるのです。 フリーランスのヘルプデスクの業務は2つあります。1つは顧客からの電話やメールの問い合わせに対して、原因を究明し問題解決法をアドバイスすることです。マニュアルを読むだけでは、操作が複雑な電子機器の操作方法を理解できないことがあります。電子機器に対して苦手意識を持っている人は一定数おり、そういう人は販売元や製作会社に問い合わせることも多いです。こうした問い合わせに対して迅速に対応できるIT関連の専門知識を備えたフリーランスは活躍できるでしょう。 また顧客からの電話やメールには、製品の不具合や操作方法に関する問い合わせだけでなく、クレームもあります。対応次第で問い合わせがクレームに発展してしまうこともあるでしょう。そういったクレームの対応が2つ目の業務です。フリーランスは業務委託した企業のクレームマニュアルに沿って、きちんと処理しなければなりません。自分で勝手に判断してクレーム処理の方法を誤ると訴訟問題に発展する危険性もあります。訴訟問題に発展すれば企業からフリーランスが損害賠償を請求されるおそれもあるので注意しましょう。...